柏で家族葬形式での葬儀を行う

葬儀といえば、亡くなった人の家族や親戚などの身内がその中心となるのはもちろんですが、そのほかにも、地域の人々、学校や会社に関係した人々が数多く弔問に訪れ、盛大に執り行われるのを良しとする風潮があります。

しかし、最近ではこのように盛大なものではなく、ごく親しい間柄だけで、静かに弔いをするスタイルのほうが好まれることがあります。


千葉県柏市でも、伝統的な葬儀のほかに、このような小規模な葬儀が行われることが多くなっており、一般には家族葬という呼び名で通っています。

柏で葬儀に関する情報満載のサイトです。

柏市での家族葬の場合には、当日に参列するのは家族と親族、亡くなった人と生前に親しかった友人などを呼んで行われることが多く、逆にそれ以外の人については呼ばれないのが普通です。

そのため、盛大な葬儀を期待していた人にとっては、参列の機会が奪われることにもなり、あまりよい印象を持たれない可能性もありますので、事前にあいさつ状を作成して、家族葬の趣旨を説明しておくなど、誤解を避ける工夫も必要です。


柏市での家族葬の内容については、一般的な葬儀とあまり差があるものではありません。


場合によっては通夜と告別式をいっしょに行うことがありますが、通常は通夜と告別式は別個になっており、それぞれ僧侶の読経や焼香があります。



当日の服装も、黒系統、灰色系統の喪服を着用し、数珠などを身に着けて臨むことになりますので、その意味でも規模が小さいだけで、内容が奇抜ということもありません。